Event is FINISHED

世界の超有名アスリートも賛同!子どもを搾取から守るメガスポーツイベントキャンペーン It's a Penalty CEO来日記念イベント

Description
~ Sport For Smileセレクト2019 ~

日本初のスポーツを通した社会変革を推進するプラットフォーム Sport For Smile がスポーツ社会変革の分野において顕著な活動をしている団体をご紹介する「Sport For Smile セレクト」セミナーシリーズ。今年のセミナーは、来年オリンピック・パラリンピック大会開催まで、また期間中に連携して実施する It's a Penalty キャンペーンのCEOを迎え、その活動内容についてご紹介するとともに、東京でのキャンペーン展開内容について発表いたします。

   


It's a Penalty (IAP) キャンペーンは、子どもたちや弱い立場にある人々を虐待・搾取・人身売買の被害から守るための世界的キャンペーンで、2014年の立ち上げ以来、オリンピック・パラリンピック大会のみならず、世界的に人気のスポーツW杯など、これまで7つのメガスポーツイベントにて展開され、ウサイン・ボルトやキャシー・フリーマン等のオリンピック金メダリストや、映画「インビクタス」のモデルとなったフランソワ・ピナール、元サッカーブラジル代表選手のダヴィド・ルイスなど世界の超有名アスリートが賛同しています。2016年リオ、2018年平昌でのオリンピック・パラリンピック大会では、IOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会の協力のもとで実施されています。

本イベントは、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会での同キャンペーン実施に向けて、キャンペーンCEOも登壇し、実施いたします。これまで同様、東京大会でもキャンペーンを無事に成功させるために、皆さまのお力添えをいただきたく、是非多くの方々にご参加いただけましたら幸いです。

本件に関するプレスリリースはこちら

<開催概要>
日時:2019年5月22日(水)19時~20時45分
会場:聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ 3階 ブリット記念ホール
定員:120名(学生枠70名;一般枠50名)
参加費:1000円(資料代・通訳等運営費)*フルタイム学生は学生証提示で無料
主催:一般社団法人 Sport For Smile
協賛: It's a Penalty
(定員になり次第締め切ります)

<アジェンダ>
18:30 - 19:00 受付
19:00 - 19:20 Sport For Smile ご挨拶(一般社団法人 Sport For Smile 代表理事 梶川三枝)
19:20 - 20:10 IAPキャンペーン活動概要(IAPキャンペーンCEO サラ・ドゥ・カーバリオ氏)
20:10 - 20:15 ポスタープレゼン参加ユースチームのご紹介
20:15 - 20:45 ネットワーキング&ポスタープレゼン交流

*日英逐次通訳あり
*アジェンダは時間と内容が若干変更になる場合があります。

★★★当日のポスタープレゼン募集(8枠☆残り2枠★★★
対象:30歳以下のユース・グループまたは個人(お友達同士でもOK!)
実施内容:A1サイズ程度の用紙に手書きでリサーチ結果やアクション提案について発表
形式:当日会場にてポスターを掲載いたします。
リサーチ内容:「子ども・若者の搾取」に関する世界・日本の現状についての簡易リサーチ
*口頭でのプレゼン登壇等はありませんが、当日参加者はステージでご紹介いたします。
*原則として、ポスターは当日お持ちいただきます(午後6時集合)。参加できない場合は郵送してください。

▼応募はメールにてIAP2020事務局まで:
iap2020@sport4smile.com
代表者氏名とご所属、ご連絡先を明記の上、お送りください。
先着順で当日の掲載枠を提供いたします。



<登壇者紹介>


It's a Penalty キャンペーンCEO
サラ・ドゥ・カーバリオ(SARAH DE CARVALHO MBE)

カリフォルニア、シドニー、ロンドンでの映画・テレビ制作会社を経て第三セクターに転職、1993年に人生の転機を求めてブラジルに移住し、ストリート・チルドレンの人生を変えたいという思いから Happy Child Internationalを創設、これまでブラジルとアンゴラの 11,500人以上の子どもたちの人生を変える活動を展開してきた。2012年、20年の非営利団体活動を評価され大英勲章を受章。

2014年ブラジルのレシフェの路上で搾取されていた子どもとの出会いを機に、世界中の子どもたちを虐待。搾取、人身売買から守るためのキャンペーン It’s a Penalty を開始、スポーツの力を活用してそのような災いをなくすために立ち上がるよう人々を啓発し、励まし、被害者を守るために必要な兆候について知ってもらう活動を展開してきた。

2014年以来、It’s a Penalty は2014年のブラジルでのFIFA W杯、2016年リオオリンピック・パラリンピック大会、2018年にはスーパーボール、平昌オリンピック・パラリンピック大会、香港でのラグビーセブンズ、ゴールドコーストでのコモンウェルスゲームズ、そして2019年スーパーボウルなど7つのメガスポーツイベントで実施された。そして、これまで総計10憶人以上の人々へのアウトリーチを達成した。

サラが目指すのは、2030年までに虐待、搾取、人身売買を完全に消滅させることで、現代奴隷の廃絶とSDGsのターゲット項目16.2「虐待、搾取、人身売買、拷問並びに子供に対するすべての形態の暴力を根絶する」に貢献することである。


一般社団法人 Sport For Smile
代表理事 梶川三枝

名古屋大学文学部(哲学科社会学専攻)卒業後、旅行会社、パリに語学留学、長野オリンピック通訳、国際会議運営会社、外資系金融等を経て、2003年夏にオハイオ大学大学院スポーツ経営学科留学、NBAデトロイトピストンズ にて日本人女性初のインターンとして採用され、スポーツ経営学修士号取得。帰国後、米系コンサルティング会社を経て、2007年より東京オリンピック・パラリンピック招致委員会にて勤務。傍ら、月刊バスケットボールにコラム寄稿。故サマランチIOC名誉会長などのアテンドも務め、IOC評価委員会来日時には、官房長官、各省大臣、警視総監などVVIPを含むスピーカーのトレーニングアテンド・通訳を担当した。マイケルジョーダン・キャンプ、世界選手権、オリンピック等のバスケットボールイベント、スポーツ関連の国際会議でのリサーチ、取材経験豊富。

2010年7月、スポーツのチカラをよりよい社会づくりに役立てることをミッションとし、株式会社 Cheer Blossomを設立、Sport For Smile の企画運営事業とともに、スポーツの社会的責任に関するコンサルティング・サービスを提供。国連事務総長付スポーツ特別顧問や世界経済フォーラムのスポーツアジェンダ諮問委員会委員、アショカフェロー等のVVIPを招聘してのセッションや世銀総会公式サイドイベント等を実施する一方、「誰もが誰かのチカラになれる」を体現する場としての多彩なスポーツ関連イベントを展開。ハーバード大学集中講座パブリック・スピーキングコース修了後は、スピーチトレーナーとしても活動、パラリンピアン佐藤真海の人生初の英語プレゼンテーション・コーチも担当した。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#435756 2019-05-19 13:51:09
More updates
Wed May 22, 2019
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,000
学生 FULL
Venue Address
渋谷区広尾4丁目2−24 Japan
Organizer
Sport For Smile
44 Followers
Attendees
95